脱毛サロンで施術を受ける前に注意すること

脱毛サロンで脱毛をしたくても、脱毛当日の肌の状態によっては全身の施術が受けられないことがあります。例えば。背中やうなじなど部分的に日焼けをしている場合です。部分的に焼けていると焼けていない部分のみの脱毛となり、全身脱毛に至りません。脱毛サロンでの脱毛は保湿クリームを塗るなどをして、なるべく肌への負担を和らげる形で行われますが、ダメージが全くないとは言い切れません。したがって、日焼けした箇所に光やレーザーなどを当てることは、さらにダメージを重ねることになります。サロンのスタッフに、「日焼けした肌は脱毛できないので気をつけてください」とよく言われるのは、肌への負担を考えてのことです。とりわけ夏は水着や半袖のシャツを着るために肌の露出が多く、紫外線が強いため日に焼けやすいです。夏場に全身脱毛する人は、普段から全身隈なく日焼け止めを塗るなどして焼かないようにする心がけが大切です。全身を脱毛できない人は細部までスキンケアが行き届いていないことが原因です。うなじなど細かい部分は日焼け止めを塗り忘れがちで、うっかり焼けてしまったということも少なくないようです。脱毛できない人は次回脱毛できるように、今後細かい部分には特に気を配ると良いでしょう。背中など手が届きにくい部分は、スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。施術当日は「脱毛できない人」にならないように、紫外線対策グッズを駆使して日焼け防止に努めましょう。
アンダーヘアのお手入れは自身ではなかなか難しく、特にoラインやiラインは手が届きにくい部分ですので、傷になってしまう恐れもあります。
最近ではどの脱毛サロンでも、全身脱毛にアンダーヘアの脱毛も含まれています。数回は全剃りしなければいけないため、中途半端に生えているときは恥ずかしいかもしれませんが、脱毛を繰り返していくうちに、キレイに整ったアンダーヘアを手に入れることができます。女性のたしなみとして、好きな人にムダ毛を見てがっかりされないよう、しっかりとケアをする時代なのです。
全身脱毛は自身で自己処理をしてから施術を受けることになります。自分での処理には限界があることをサロンも理解しているので、そこまで神経質になる必要はありません。剃り残しなどがあった場合は、全身脱毛を行う前にスタッフの方がきちんと処理してくれます。露出の多い時期になる前にしっかりとケアを行い、自信を持ってファッションを楽しめるようになりましょう。まずは脱毛予約をして無料で行われているカウンセリングを受けて、詳しく話を聞いてみることをおすすめします。