頭痛があるときに全身脱毛をすることはできるのか

最近、特に女性の間で全身脱毛をはじめとした脱毛の施術をサロンなどで受ける人が急増しています。しかしながら、サロンなどでよく見る光景として偏頭痛持ちの女性が全身脱毛の施術を断られているというものがあります。一見、全身脱毛と偏頭痛はさすがに頭の脱毛をする人は少ないという観点からも、まったく部分的に関係ないのでは中と思う方もいると思います。しかし、この全身脱毛の施術と頭痛には意外と関係性がある事を紹介します。まず、一つ目は体調不良の際には悪化する危険性から全身脱毛の施術は原則行えないという事です。そのため、サロンなどに行くとすぐに施術を開始するのはなく、まずカウンセリングを行って体調が良いかや服用中の薬はないかなどのチェックを受けることになっています。次に二つ目は、頭痛薬が脱毛に与える影響についてです。脱毛の施術を行ってから、何日間かは薬の服用を控えるようにとサロンの先生に言われたことがある人もいるでしょうが、これは脱毛の施術をせっかく行っても服用薬の影響で肝心の脱毛の作用が軽減されてしまうといったケースが報告されているからです。そのため頭痛薬も例外ではなく、服用中などは施術を断られる場合があるのです。

全身脱毛前に剃り残しがあれば剃ってくれる

全身脱毛を受ける前の準備として、除毛処理があります。剃ったばかりの肌は敏感な状態になっているので、施術の当日ではなく前日か前々日には済ませておくのがベストです。全身脱毛では、自分の手が届きにくい場所や直接見えないので合わせ鏡をして剃らなくてはいけない部位、凹凸が多い部位などさまざまな部位の除毛処理があり、自分ではうまく剃れないこともあります。剃り残しがある状態では光を照射することはできませんが、スタッフが剃ってくれるシェービングサービスがあれば安心です。
シェービングサービスは、電動シェーバーを使用してスタッフが剃ってくれるというサービスです。刃が直接肌に触れないので、肌を傷つけることが少ないために施術の直前であっても比較的安心して光を照射することができます。しかし、スタッフが剃ってくれる場合には料金が発生する店舗もあります。
シェービング料は、脱毛料金に含まれている店舗もあるのですが、有料の場合には剃り残しがあるごとに毎回費用がかかるというのが一般的です。さらに、全身脱毛でも肌がデリケートな顔やVIOラインは割増料金になることもあります。剃り残しがないようにしておくことは節約のためにも重要ですが、無理に剃って肌を傷つけるくらいならスタッフにお任せした方が安心とも言えます。

顔の脱毛を行うメリット

顔の産毛を自己処理している人は多いと思いますが、どれほど気を遣ってもカミソリは肌の表面も削ってしまうため乾燥や肌荒れの原因となってしまうことがあります。また、特に顔の皮膚は薄くダメージを受けやすい場所です。頻繁に行うことは肌に良くありませんので、できるだけ処理回数を減らすためにも脱毛サロンへ通うことをおすすめします。
顔の肌荒れやニキビがある人にとっては施術がきちんとできるのかどうか不安に感じる人もいるかもしれませんが、ホクロやニキビにはシールが貼られるので、安心して任せることができます。また、肌荒れがひどすぎて施術が行えない人のために、代わりにエステを行ってくれるサロンもあるほどです。顔の脱毛を行うことは、自己処理をしなくていいので楽に感じること以外に、化粧水の浸透がよくなったり、毛がなくなることで肌が白く見えたり、毛穴が目立たなくなるというメリットもあります。また、他にも毛がなくなれば肌がフラットな状態になるので化粧ノリやメイク崩れを防ぐことにもつながります。最近では顔だけの脱毛を低価格で行うことができるサロンも多いですし、エステ感覚で通うことができます。続けて通うことにより、自己処理は全くしなくてもいいレベルにすることもできるので、肌にも負担をかけることもありません。